職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表

米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。

続き…