尼崎市、全市民46万人分の個人情報入りUSB紛失 委託先従業員が飲食店でなくしたか

臨時特別給付金の支給事務にあたっていた委託先従業員が、全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失したとして兵庫県尼崎市が謝罪した。USBメモリにはパスワードと暗号化をかけており、情報の漏えいは確認されていないとしている。

続き…