「室内で動く人をWi-Fiで監視できる攻撃」を妨害するデバイス 検出率を5%以下まで低下

ドイツのMax Planck Institute for Security and Privacy、ドイツのRuhr University Bochum、ドイツのUniversity of Applied Sciencesの研究チームは、Wi-Fiなどの無線信号を外部から取得し屋内で動く人の監視を妨害するデバイスを開発した。

続き…