NEC正社員の男性自殺 労災認定で逆転勝訴

 平成21年に会社員の男性=当時(49)=が自殺したのは、仕事上の激しいストレスでうつ病になったのが原因だとして、妻が遺族補償を支給しなかった三田労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は21日、請求を棄却した1審東京地裁判決を覆し、労災と認め、処分を取り消した。遺族側が逆転勝訴した。

続き…