JR脱線事故から16年…遺族「そばにいてくれている」

 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から16年となった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言を受けて追悼慰霊式は昨年に続いて中止となったが、遺族らは時間をずらして現場を訪れたり、自宅で静かに手を合わせたりして祈りをささげた。

続き…