JR山陽線、無線トラブルで運休も 兵庫、4万人に影響

 12日午前7時10分ごろ、神戸市垂水区のJR山陽線垂水-舞子間を走行していた網干発野洲行き上り新快速電車の運転士が、周囲の列車を緊急停止させる防護無線を受信したため停止した。その後も同様に無線を受信したが周囲に異常がなかったため、約10分後に運転を再開。乗客約1500人にけがはなかった。

続き…