ALS女性殺害、逮捕から1週間 焦点は2医師の役割分担や報酬の行方

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性に薬物を投与して殺害したとして、嘱託殺人容疑で2人の医師が逮捕されてから30日で1週間。京都府警は一貫して「安楽死ではなく、嘱託殺人」だとして捜査を進めている。根拠とするのは、死を望んだ女性と、報酬を求めた医師との間でかわされた水面下のやりとりだ。府警は今後、金の動きや殺害の具体的な経緯、2医師の役割などについて慎重に捜査を進める。

続き…