ALS女性の父親「娘から『死にたい』聞いたことない」

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、薬物を投与し殺害したとして医師2人が京都府警に逮捕された事件で、殺害された京都市中京区の無職、林優里さん=当時(51)=の父親が28日、京都市内で改めて取材に応じ、「死にたいと聞いたことはなかった」とした上で、「(もし死の願望を聞いていたら)思いとどめるように言った。後悔が残る」と話した。

続き…