AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」

 「この先、事故の危険性が高い地点です」。損害保険会社が契約者に提供するドライブレコーダーから音声を流し、運転手にリアルタイムで注意を促す取り組みが香川県で始まる。呼びかけのベースになっているのは、県がAI(人工知能)を活用して作った「交通事故危険度予測マップ」のデータ。昨年の人口10万人当たりの交通事故死者数が全国ワーストだった県は、損害保険会社と連携した新たな取り組みで、事故の抑止を目指す。

続き…