5月6日までの裁判期日ほぼ取り消し 大阪地、高裁など、DVや身柄拘束の被告は裁判継続

 政府の緊急事態宣言を受け、大阪高裁、地裁、家裁は8日、5月6日までに予定されていた裁判期日をほぼ取り消したと明らかにした。ドメスティックバイオレンス(DV)関連の民事事件や被告の身柄勾留中の刑事事件など、緊急性の高い裁判は継続する。新たな期日は後日指定する。各支部や簡裁でも同様の対応を取る。

続き…