18年前の殺人事件 現場近くから容疑者のDNA型を検出か 東京・杉並

 東京都杉並区下井草のアパートで平成14年11月、中国人留学生の許振勇さん(22)が刺殺された事件で、現場近くに残されていた血痕から、許さんとは別人のDNA型が検出されたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。容疑者のものとみられ、警視庁捜査1課が調べている。

続き…