1審無罪の被告、2審で異例の有罪主張 前橋・女子高生2人死傷事故、控訴審初公判

 前橋市で平成30年1月、乗用車を運転中に事故を起こし女子高校生2人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、1審前橋地裁判決で無罪となった無職、川端清勝被告(88)の控訴審初公判が6日、東京高裁(近藤宏子裁判長)で開かれた。弁護側は、1審での無罪主張から一転、有罪判決を求める異例の意見を述べた。

続き…