高利貸幇助、弁護士に罰金 甲府の社福法人めぐる汚職に関連

 社会福祉法人「大寿会」(甲府市)の役員選任をめぐる贈収賄事件に関連し、甲府区検は26日、法人の元役員に違法な貸し付けがされた際に虚偽の契約書を作成したとして、出資法違反幇助(ほうじょ)罪で大阪市の男性弁護士(47)=大阪弁護士会所属=を略式起訴した。甲府地検によると、甲府簡裁が同日、罰金100万円の略式命令を出し、弁護士は既に納付したという。

続き…