青梅談合、逆転有罪確定へ 元建設業協会長に罰金刑

 最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は、東京都青梅市発注の工事をめぐり、談合罪に問われた青梅建設業協会の元会長で建設会社「酒井組」元代表、酒井政修被告(64)の上告を棄却する決定をした。18日付。一審の無罪判決を破棄し、罰金100万円とした二審東京高裁判決が確定する。

続き…