障害者殺傷事件の資料3件、永久保存へ 相模原市

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件の関連資料3件を永久保存するため、市が手続きを進めている。後世の検証に役立てる狙い。年末までに市立公文書館に移し、来年から閲覧できるようにする。

続き…