降水帯速報、来月17日からスタート 豪雨災害の警鐘に活用

 気象庁と国土交通省は24日、線状降水帯ができたことを確認した場合に速報する「顕著な大雨に関する気象情報」の運用を6月17日から始めると発表した。線状降水帯は近年の豪雨災害の一因とされ、危機意識を高めてもらうキーワードとして活用するのが狙い。

続き…