阿蘇大橋崩落で息子亡くした両親 変わる景色、変わらぬ悲しみ

 2度目の震度7を計測した熊本地震の「本震」から16日で5年。インフラや住宅の復旧は着実に進み、崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)も架け替えられた。「どんどん復興してほしい」。あの日、大橋付近で息子を失った両親は、変わりゆく景色にこう話す。復興はうれしい、でも-。今も変わらず、息子を思い続けている。

続き…