阪神大震災、現地から「第1報」の元NHK・住田アナ「ラジオ深夜便」で15日に震災特集

 阪神大震災が起きた1月17日に合わせ、震災関連の企画を毎年放送しているNHKラジオの「ラジオ深夜便」。平成24年からアンカーを務める神戸市出身の元NHKエグゼクティブアナウンサーの住田功一さん(61)は、同市内の実家へ帰省中に震災に遭遇し、NHKの放送で最初に現地から状況を伝えたことで知られる。震災26年を迎える今回は、15日深夜から放送。ラジオで語り続けるその体に宿るのは、被災地であり、故郷でもある神戸への深い思いだ。

続き…