関電子会社元社長、400万円相当の商品券受領 「過去のこと」第三者委に報告せず

 関西電力の役員らの金品受領問題で、関電は22日、子会社「KANSOテクノス(旧環境総合テクノス)」(大阪市)の今井武元社長と元幹部の2人が福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から400万円相当の商品券などを受領していたと発表した。内部通報で判明し、関電が調査していた。受け取った本人や問題を把握していた子会社の役員2人はいずれも関電が設置した第三者委員会に報告していなかった。

続き…