門真4人死傷、被告に懲役30年判決 求刑は死刑 大阪地裁

 大阪府門真市で平成28年10月、大工の川上幸伸(ゆきのぶ)さん=当時(43)=が殺害され子供3人も重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂罪などに問われた元定時制高校生、小林裕真(ゆうま)被告(25)に対する裁判員裁判の判決公判が13日、大阪地裁で開かれ、浅香竜太裁判長は懲役30年を言い渡した。検察側は死刑を求刑していた。

続き…