長崎市長を10月証人尋問へ 記者の性暴力訴訟で地裁

 長崎市幹部(死亡)から平成19年7月、取材中に性暴力を受けたとして、女性記者が市に約3500万円の損害賠償と謝罪文を求めた訴訟で、長崎地裁(天川博義裁判長)は18日、田上富久市長ら当時の市幹部3人の証人採用を決めた。原告側が明らかにした。証人尋問は10月4日。

続き…