過去最長の裁判員裁判、判決は無期懲役 神戸地裁姫路支部

 男性3人の死亡に関与したとして殺人2件と逮捕監禁致死などの罪に問われた韓国籍の無職、陳春根被告(47)の裁判員裁判の判決公判が8日、神戸地裁姫路支部で開かれた。木山暢郎裁判長は殺人罪1件について「遺体が発見されておらず、犯罪を証明できていない」と無罪と判断した上で、無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

続き…