過去最多コカの葉8キロ密輸疑い、ボリビア人の女を告発

 コカインの原料となるコカの葉約8キロをスーツケースに隠し密輸しようとしたとして、東京税関は12日、関税法違反の疑いで、ボリビア国籍の派遣社員、オレジャナ・カストロ・カロル・リリベト容疑者(40)=愛知県知多市=を東京地検に告発したと発表した。税関当局による葉の押収量としては過去最多としている。

続き…