逗子の斜面崩落訴訟 第1回口頭弁論 会見で犠牲者の父「娘を返して」

 昨年2月に神奈川県逗子市の斜面が崩落し、同市に住む高校3年の女子生徒=当時(18)=が死亡した事故で、斜面が崩落したのは所有するマンションの管理組合や区分所有者らが安全対策を怠ったのが原因だったとして、女子生徒の両親らが管理組合などに約1億1800万円の損害賠償を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が21日、横浜地裁(嶋末和秀裁判長)で開かれた。原告の弁護士によると、管理組合らは請求棄却を求めている。

続き…