逃げたニシキヘビ、おびき寄せ作戦も不発 募る不安

 横浜市戸塚区のアパートから逃げ出した体長約3・5メートルのアミメニシキヘビが見つからない。神奈川県警や消防の捜索に加え、専門家が餌を使った「おびき寄せ作戦」も展開。県警の捜索は21日に打ち切られ、近隣住民の不安は増すばかりだ。県警戸塚署によると、飼い主の20代男性の自宅からヘビが逃げたと連絡があったのは6日夜。仕事から帰宅すると、飼育していたケージはもぬけの殻だった。ベランダ側の窓が開いており、そこから逃げたとみられる。

続き…