近大教授を解雇 医療用品費詐取疑い

 近畿大医学部法医学教室の男性教授(66)が架空の領収書を偽造するなどして医療用品の購入費を大学側から不正に受け取っていた疑いがある問題で、近大は31日、教授を懲戒解雇にしたと発表した。30日付。教授は3月末で退職予定だった。

続き…