被災地に非情の大雨 「新たな土砂災害も」

 3月で発生10年を迎える東日本大震災からの復興を進めてきた東北が、再び「試練」に見舞われた。13日夜に発生し福島、宮城両県で最大震度6強を観測した地震。土砂崩れや建物の損壊などの被害が相次ぐ中、15日の被災地には非情の雨が降り続き、二次災害への不安も高まる。

続き…