被害者名伏せ被告に起訴状送付 法制審諮問、不服申し立て制度も

 上川陽子法相は20日、性犯罪被害者らの保護に向け、被告に送る起訴状などに記載する被害者の氏名、住所などの秘匿化を可能にする法整備について、法制審議会に諮問した。被告には被害者を匿名にした「抄本」を送達し、匿名に不服があれば裁判所に申し立てもできるとした法務省案の制度をベースに、法制審で議論を進める。

続き…