衝突のトラック、前進・後退繰り返した末に立ち往生

 横浜市神奈川区の京急線の踏切で下り快特電車がトラックと衝突し、トラック運転手が死亡、多数の乗客が負傷した事故で、トラックが事故前、線路脇の狭い側道を通過できず、踏切へ進入しようと前進や後退などを繰り返したうえ、踏切内で立ち往生していたことが6日、京浜急行の監視カメラの映像で分かった。

続き…