薬害C型肝炎、101人の請求棄却 カルテなし患者の給付金認めず

 汚染された血液製剤の投与を証明するカルテがないC型肝炎患者やその遺族らが、国に薬害肝炎救済法に基づく給付金支給を求めた集団訴訟の判決が21日、大阪地裁であり、酒井良介裁判長(武田瑞佳裁判長代読)は患者101人全員の請求を棄却した。弁護団によると、全国で係争中の同種訴訟では最大規模の判決。

続き…