著作権料訴訟3月2審判決 音楽教室への徴収巡り

 音楽教室のレッスンで楽曲を演奏する際に著作権使用料を徴収するのは不当だとして、ヤマハ音楽振興会など教室を運営する約250事業者が、日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、徴収権限がないことの確認を求めた訴訟の控訴審第1回口頭弁論が14日、知財高裁で開かれ、即日結審した。判決は3月18日。

続き…