職員ら起訴内容認める 林道工事巡る贈収賄初公判

 林野庁発注の林道工事をめぐり、請負代金を増額する見返りに現金を受け取ったとして、収賄罪に問われた同庁職員、岩崎隆裕被告(50)=休職中=と、贈賄罪に問われた佐野藤建設元社長の後藤元光被告(74)は15日、静岡地裁(伊東顕裁判長)で開かれた初公判で、いずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。

続き…