緊急走行中に男児はね死なせる 巡査部長を懲戒処分 警視庁

 東京都千代田区麹町の国道交差点で昨年8月、青信号で横断歩道を渡っていた男児=当時(4)=が緊急走行中のパトカーにはねられ死亡した事故で、警視庁は9日、パトカーを運転していた新宿署の男性巡査部長(52)を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。巡査部長は同日、依願退職した。同乗の男性巡査長は所属長注意としたという。

続き…