給付金詐欺の手口指南か、19歳少年ら逮捕

 神奈川県警茅ケ崎署は9日、新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺容疑で、いずれも同県茅ケ崎市の無職の少年(19)と会社員の男(20)を逮捕した。同署によると、2人は知人で、仲間に給付金詐欺の手口を指南していたとみられる。

続き…