米兵強盗で賠償利息請求 沖縄、被害者側が国提訴

 沖縄県沖縄市で平成20年に米兵が起こしたタクシー強盗で、被害に遭った運転手の遺族が14日、国に二千数百万円の支払いを求める訴えを那覇地裁に起こした。日本政府に事実上、損害賠償の肩代わりを命じる判決が確定しているが、国は遅延損害金(利息)の支払いを拒み争いになった。

続き…