第1原発過労死で賠償命令 福島、東電の責任認めず

 平成29年10月、東京電力福島第1原発構内で倒れた後に死亡した福島県いわき市の自動車整備士、猪狩忠昭さん=当時(57)=の遺族が長時間労働を放置したなどとして、元勤務先や東電などに計約4300万円の損害賠償を求めた訴訟で、福島地裁いわき支部は30日、元勤務先側に約2480万円の支払いを命じた。東電への請求は棄却した。

続き…