立教大生死亡、容疑者不詳のまま不起訴 傷害致死罪で時効成立と判断

 JR池袋駅(東京都豊島区)で平成8年4月、立教大4年の小林悟さん=当時(21)=が男に殴られ死亡し、警視庁が容疑者不詳のまま殺人容疑で書類送検した事件で、東京地検は4日、傷害致死罪が成立すると判断したうえで、既に時効が成立しているため不起訴処分とした。

続き…