秋元被告、全面対決へ 窮地の主役「300万円」焦点

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄罪などに問われた衆院議員の秋元司被告(49)は29日の初公判で、元政策秘書の豊嶋晃弘被告(42)とともに起訴内容をいずれも否認し、検察側と全面対決する姿勢を示した。ただ、報酬の見返りに法廷での偽証を贈賄側に依頼したとされる証人買収事件も含め計8人の関係者が罪を認めて有罪が確定しており、事件の「主役」は窮地に追い込まれている。

続き…