福井県、小林化工に業務停止命令 約390製品で虚偽記録

 福井県あわら市のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「小林化工」が製造する爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入した問題で、福井県は9日、医薬品医療機器法に基づき同社に116日間の業務停止命令を出した。10日から6月5日まで。延べ約500製品の8割近い約390製品で虚偽の製造記録などを作成、小林広幸社長を含む経営陣は法令違反を黙認していた。製薬会社への行政処分では過去最長となる。

続き…