祖父、孫助けようとしたか 住民ら「大人でも危険な川」 大阪・高槻

 真夏並みの暑さとなった9月最初の土曜日、孫たちと祖父の楽しいひとときが一瞬にして暗転した。大阪府高槻市の芥川(あくたがわ)で7日午後、3人の孫と祖父が溺れ、岸下太紀(きしした・たいき)君(7)=同府茨木市=と、祖父の城津国清(しろつ・くにきよ)さん(73)=高槻市=の2人が死亡した事故。地元住民によると、現場は「深くて大人でも危険な場所」という。孫らの救助に向かった祖父が、溺れたとの目撃情報もある。なぜ事故は起きたのか。

続き…