短時間強雨30年で1・4倍 予測不能、都市部もリスク

 1時間雨量が50ミリ以上という短時間に強い雨が降るケースが、約30年間で1・4倍に増えている。「滝のよう」に降り、傘は全く役に立たず、車の運転も危険というほどの雨だが、現状では事前予測にも限界がある。リスクは土砂崩れなどが起きる山間部だけではない。地下街が発達した都市部でも警戒が必要だ。「治水対策の見直しが必要」と専門家。想定外の豪雨はいつ、どこで起きるか分からない。

続き…