知人女性を無断堕胎 岡山の元外科医 初公判で認める

 妊娠していた20代の知人女性に無断で堕胎手術を行い、けがをさせたとして、不同意堕胎致傷の罪に問われた岡山済生会総合病院の元外科医、藤田俊彦被告(34)は6日、岡山地裁(御山真理子裁判長)で開かれた初公判で「間違いない」と起訴内容を認めた。

続き…