県議13人現金受領認める 辞意表明なし 河井夫妻事件

 令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、広島県議会は18日、元法相の河井克行被告(58)=公選法違反(買収、事前運動)罪で公判中=や妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=から現金を渡された県議13人に対し、県の政治倫理条例に基づき、経緯などの説明を求める審査会を開いた。13人は改めて現金授受を認める一方、全員が辞意を示さなかった。

続き…