相次ぐクマ被害 22道府県で発生、死者2人 クマ問題で関係会議

 全国各地でクマの出没や人身被害が相次いでいる問題で、今年4~9月のクマの出没件数が各地で1万3670件と、公表している平成28年度以降の同時期で最多となっていることが26日、環境省の調べで分かった。環境、農林水産、警察などの関係省庁は同日、事故防止に向けて実務者レベルの連絡会議を開催。住民への注意喚起の徹底などを改めて確認した。

続き…