監禁致死、二審も懲役7年 熊本の遺体放置、福岡高裁

 昨年4月、福岡市の男性を監禁して死なせ、遺体を熊本県大津町のホテル駐車場に止めた車に放置したとして、監禁致死と死体遺棄などの罪に問われた福岡市南区の日高憲文被告(44)の控訴審判決で福岡高裁は1日、懲役7年とした一審熊本地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告側控訴を棄却した。

続き…