留置の少年がコロナ感染 大阪府警

 大阪府警は23日、東淀川署で留置していた10代の少年が新型コロナウイルスに感染したと発表した。府警は留置や取り調べを担当した警察官約25人を自宅待機させるとともに、少年を府警本部に移送し、隔離して留置。同署は通常業務を続ける。

続き…