男性殺害、遺体切断し遺棄 懲役25年被告の控訴棄却

 滋賀県草津市で平成30年8月、知人男性=当時(69)=を殺害し、遺体を切断して排水路などに捨てたとして、殺人や死体遺棄罪などに問われた飲食店経営、杠(ゆずりは)共芳被告(70)の控訴審判決公判が2日、大阪高裁で開かれた。樋口裕晃裁判長は、懲役25年とした1審大津地裁の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

続き…