生後1カ月の長女の足を踏みつけ虐待 父親に有罪判決 千葉地裁

 当時生後1カ月だった長女に虐待を加え、重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた千葉市稲毛区の無職、尾形大輝被告(22)の判決公判が28日、千葉地裁で開かれ、平手健太郎裁判官は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡した。

続き…