父死亡診断書、偽造か ALS事件で起訴の医師ら

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者を殺害したとして嘱託殺人罪で起訴された医師2人らが、平成23年にうち1人の父親を殺害したとして殺人容疑で京都府警に逮捕された事件で、父親の死亡診断書に無関係の医師の氏名や実在しない千葉県内の診療所名など、虚偽の内容が記載されていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

続き…