熱中症か 88歳と86歳の夫婦が自宅で死亡 大阪

 12日午後3時10分ごろ、大阪府守口市大久保町の住宅で、住人の無職男性(88)と妻(86)が死亡しているのを訪ねてきた50代の長女が発見した。夫婦に外傷はなく、大阪府警守口署は熱中症の可能性もあるとみて、遺体を司法解剖して詳しい死因などを調べる。

続き…